歯科麻酔科 橋口デンタルクリニック 出張で麻酔管理のご案内

歯科麻酔科 橋口デンタルクリニックは、患者さんへ、治療中の安心と安全を提供しています。 

静脈内鎮静法と全身麻酔

全身状態は麻酔科医が管理をしますので術者は手術に集中できます

対象となる症例

1564C.png

広範囲の手術、出血や長時間が予想される手術
手術中に全身管理を必要とする患者
(全身状態が悪化する可能性がある)
嘔吐反射が強い
歯科治療に対して強い恐怖心がある
脳貧血をおこしたことがある
治療期間に制約があり、処置を短期間で終了したい
精神発達遅滞,脳性麻痺やパ-キンソン症候群等があり、通常の治療が困難
号泣のため、安全に治療を行うことが難しい小児

                                              ⒸAll rights reserved.

 

アデノイド摘出術、扁桃腺摘出手術、副鼻腔消炎手術、鼡径ヘルニア根治術、虫垂切除、痔の手術、整形外科手術など、以前は局所麻酔下でされていた手術の多くが全身麻酔で施行されている例をみるまでもなく、麻酔の安全性が向上した現在では、全身麻酔や静脈内鎮静法の適応は拡大しています。

 

全身麻酔・静脈内鎮静法を行うことの利点

  1. 1564C-2.jpg術者は手術に集中できるため、安全性と手術結果の向上が期待できます
  2. 患者さんの手術中のストレスが軽減されます.その結果、偶発症を予防します


出張鎮静・全身麻酔の導入当初にかぎり、
当院で器材と薬剤を準備することが可能です。
術前には検査と診察が必要です。

 

歯科治療時の全身麻酔は歯科医業の範囲です.

歯科治療時に全身麻酔を歯科医師が行うことは保険診療における歯科麻酔管理料の算定項目が存在していることだけではなく,厚生省(当時)からも明確に認められています1)2)

1)麻酔行為について 厚生省通達 昭和四〇年七月一日 医事第四八号
麻酔行為は医行為であるので医師、歯科医師、看護婦、准看護婦または歯科衛生士でない者が、医師又は歯科医師の指示の下に、業として麻酔行為の全課程に従事することは、医師法、歯科医師法、保健婦助産婦看護婦法又は歯科衛生士法に違反するものと解される。

2)加納正弘:歯科医が行える麻酔の範囲.日本医事新報 No. 2339:107,1969
歯科医が行える麻酔の範囲については厚生労働省が 1969 年に次のように見解を表明 している.「歯科医師が,歯科医業の一部として歯科医行為を行うのに必要な麻酔を行うことは,その業務の範囲に属する,

 

歯科医師は全身麻酔を行うことはあたりまえですが許可されています.しかしながら,たとえ扁桃腺摘出のような口の手術であっても医科の範囲とされた手術の全身麻酔で歯科医師が気管挿管を行うと医師法違反とされます.それならば,歯科治療時の全身麻酔で医師が気管挿管を行うことは歯科医師法ではどうなるのでしょうか?

歯科医師法違反になると思いきやそうはなりません.実は,歯肉の治療,歯髄炎の治療,抜歯,充填しないう蝕治療は医業に含まれるとの通知が厚生省(当時)医務局長より出されています.
つまり当時(昭和24年)の厚生省は,歯学部で6年間も実習を含めて学ぶことが必修とされている歯科医学の内容を,聞いたことも見たこともないし,治療実習も受けたことのない医師において,単に医師免許があれば,国民に被害を与える危険性があろうとも歯科治療を行って構わないと全国に通知しているのです3).(以下通知文)

3)(昭和二四年一月二一日)(医発第六一号)(各都道府県知事あて厚生省医務局長通知)
医師法第十七条の「医業」と歯科医師法第十七条の「歯科医業」との関係に関し若干疑義があるようであるが、抜歯、齲蝕の治療(充填の技術に属する行為を除く)歯肉疾患の治療、歯髄炎の治療等、所謂口腔外科に属する行為は、歯科医行為であると同時に医行為でもあり、従ってこれを業とすることは、医師法第十七条に掲げる「医業」に該当するので、医師であれば、右の行為を当然なし得るものと解されるから右御諒承の上然るべく指導せられたい。

しかし,上記の歯科医師と医師の範囲がなぜ異なっているかを知らない認識に基づく厚生省局長の通知の文言においてでさえも,充填によるう蝕の治療は医師の範囲でないと宣言しています.したがって障がい者の全身麻酔下歯科治療などはで一般に行われている保存修復補綴処置(充填を行う)は明らかに医業ではありませんから,その治療のための全身麻酔時に気管挿管を医師が行うことは歯科医師法違反であると考えられます(私見).

歯科医師法にはこうあります. 第17条 歯科医師でなければ,歯科医業をしてはならない。 

 

臨床研究のための告示

「橋口デンタルクリニックにおける歯科麻酔管理症例の安全性に関する後ろ向き調査」の概要
本院では、歯科または口腔外科で処置または手術を受けられる患者様に対して、麻酔管理を行っております。各施設に出張して常に安全・安心の麻酔を提供しておりますが、さらに安全性を高める使命があると考えております。そこで、本院からの出張で行われた麻酔管理症例で、合併症や麻酔方法など、各施設の麻酔記録をさかのぼって調査し、それらを収集・分析した結果を、より安全な麻酔管理のために活用していくことが必要と考えます。
研究期間は、2006年 4月から現在までで、全国の本院が出張麻酔を行った施設での全歯科麻酔管理症例数および偶発症症例数とその内容について、施設ごとのデータを収集し、それらのデータを分析します。ただし、この調査は症例数や合併症などの麻酔管理の内容を集計するだけで、いわゆる個人情報は扱いません。さらに、症例の連結不可能匿名化を図っており、施設名も特定できないよう配慮致しております。また、連結不可能匿名化された情報であっても学会への情報提供に応じて頂けない症例に対しては提出ファイルから除外される措置を講じております。また,下記までご連絡くだされば研究対象から除外いたします.その場合に不利益はありません.

院長: 橋口 清光

〒541-0058

大阪府大阪市中央区南久宝寺町1-4-13

 

 

 

診療時間について

 
午前
午後

※午後は15:00から

1564B.png

大阪市中央区の歯科麻酔科
橋口デンタルクリニック

 

ご不明な点は
メールにてお問い合わせください。
E-mail