院長PROFILE


1564C-2.png

院長:橋口 清光
【略歴】
神奈川歯科大学(平成 3年卒)
大阪大学大学院歯学研究科統合機能口腔科学専攻高次脳口腔機能学講座
(歯科麻酔学講座)入局
平成  9年 滋賀県立成人病センター麻酔科
平成 10年 大阪大学文部教官助手
川西市高齢者歯科診療所(非常勤)
平成 12年 大阪大学歯学部附属病院歯科麻酔科病棟医長
平成 13年 特定医療法人多根総合病院麻酔科
平成 14年 洛和会音羽病院麻酔科 医長
京都口腔健康センター 医長
平成 18年 草津総合病院麻酔科勤務
歯科麻酔科 橋口デンタルクリニック 開設

【専門】

「歯科麻酔学」、「鎮静外来、ハイリスク外来」、「全身麻酔」

【資格】 

日本歯科麻酔学会      認定医・専門医
日本有病者歯科医療学会 認定医・専門医
AHA-BLS Provider・AHA-ACLS Provider

 

活動内容

【講演】

・「出張歯科麻酔科開業医の試み-全身麻酔を主業務として」
橋口清光
第39回日本歯科麻酔学会総会・学術総会シンポジウム(神戸),2011

・「静脈内鎮静法  ~ その実際と最新情報 ~」
橋口清光
大阪口腔インプラント研究会 講演 (大阪厚生年金病院),2007

・「顎矯正手術における歯科麻酔 ~患者不安の解消のために~」
橋口清光
顎変形症の外科的治療~勉強会第4回 講演(ぱ・る・るプラザ京都),2006

・「歯科治療時の偶発症とその対処法」
橋口清光
京都府歯科医師会山科支部 新春学術講演(京都),2005

【発表】

・13年間の出張麻酔でわかったことと今後の課題(診療所編)
橋口清光
第54回関西歯科麻酔研究会(吹田市), 2019

12年間の歯科口腔外科診療所における全身麻酔および静脈麻酔について
橋口清光、西村哲也
第63回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会(千葉), 2018

口腔外科開業医において、日帰り全身麻酔を成功させるためのデジタルテクノロジー
橋口清光、西村哲也
第63回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会(千葉), 2018 

・出張歯科麻酔科開業の試み-全身麻酔を主業務として-
橋口清光 
第46回 日本歯科麻酔学会総会・学術集会(奈良市), 2018

12年間の出張麻酔でわかったことと今後の課題(病院編)
橋口清光
第53回関西歯科麻酔研究会(大阪市), 2018

歯科麻酔科開業医が病院口腔外科手術に出張して全身麻酔を行った11年間の報告
橋口清光
第62回公益社団法人日本口腔外科学会総会(京都),2017

・「頻拍型心房細動により待合室で意識消失を起こした1例」
橋口清光、西村哲也
第25回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会(東京),2016

・「下顎に限局した単純性骨嚢胞を伴い上下顎に 多発した骨性異形成症の1例」
喜多憲一郎,西村一行,岡野 健,橋口清光,金田 剛,山口好則
第60回公益社団法人日本口腔外科学会総会(名古屋),2015

・「顎矯正手術の抜管直後に低酸素症を生じた1例」
喜多憲一郎,橋口清光,西村一行,岡野 健,金田 剛,山口好則
第59回公益社団法人日本口腔外科学会総会(千葉),2014

・「西村歯科口腔外科クリニックにおける7年間の日帰り全身麻酔症例の検討」
橋口清光、西村哲也
第41回日本歯科麻酔学会総会・学術集会(横浜),2013

・「経鼻挿管用カテーテル型ライトワンドの有用性」
磯村勇人,橋口清光
第41回日本歯科麻酔学会総会・学術集会(横浜),2013

・「経鼻用カテーテル型ライトワンドの開発」
磯村勇人,野土信司,橋口清光,笠井俊宏,山崎康夫,田中義文
第60回日本麻酔科学会学術集会(札幌),2013

・「歯科口腔外科開業医における全身麻酔下歯科治療」
西村哲也,橋口清光
第22回日本有病者歯科医療学会学術大会(東京),2013

・「口腔外科手術における歯科麻酔開業医の現況」
第56回社団法人日本口腔外科学会総会(大阪),2011
橋口清光

・「医科麻酔科医の不足に対して,口腔外科医と歯科麻酔科開業医の連携が有効であった事例」
第42回社団法人日本口腔外科学会近畿地方会(大阪),2011
橋口清光

・「病診連携下に施行した歯科口腔外科開業医における全身麻酔下歯科治療」
第7回日本口腔ケア学会総会・学術大会(大阪),2010
西村 哲也、橋口 清光

・「拘束型心筋症を有する患者にフロートラックを用いて麻酔管理した一例」
日本臨床麻酔学会第30回大会(徳島),2010
山崎康夫,仲宗根ありさ,野土信司,橋口清光,藤代直宣,木下真央,田中義文

・「術後の嗄声の原因が声帯肉芽腫であった1症例」
第45回関西歯科麻酔研究会(堺市),2010
磯村勇人,橋口清光,山崎康夫

・「静脈麻酔薬と吹送法を用いた全身麻酔下,口腔外科日帰り手術について」
第53回社団法人日本口腔外科学会総会(徳島),2008
橋口清光、西村哲也

・「歯科口腔外科開業医における全身麻酔下歯科治療-病身連携による症例を中心に-」
第60回近畿北陸歯科医学大会(京都),2008
西村哲也、橋口清光

・「若年者の術後鎮静にデクスメデトミジンと非麻薬性鎮痛薬の併用は有用か?」
Combination of Dexmedetomidine and Minor-opioid is Useful for Postoperative Sedation in Healthy-Young Patients?
第55回日本麻酔科学会学術集会(横浜),2008
磯村勇人、橋口清光

・「インプラント手術における 低侵襲麻酔(Minimally Invasive Anesthesia: MIA)について」
第38回日本口腔インプラント学会学術大会(東京),2008
橋口清光

・「西村歯科口腔外科クリニックにおける全身麻酔症例の検討」
橋口清光、西村哲也
第35回日本歯科麻酔学会総会(小倉),2007

・「デクスメデトミジンを用いた鎮静中に調査した快適度は、術後の満足度と相関しない」
磯村勇人、橋口清光
第35回日本歯科麻酔学会総会(小倉),2007

・「口腔外科開業医の依頼により開放型病院へ歯科麻酔専門医が出張した全身管理症例について」
橋口清光、西村哲也
第8回日本歯科麻酔学会関西地方会(大阪),2007

・「塩酸ランジオロールを併用した低血圧麻酔中に使用されたエピネフリン含有局所麻酔薬が血圧および心拍数にあたえる影響について」
橋口清光、谷本 愛、横江義彦、井本真帆
第2回麻酔科セミナー(沖縄),2005)

・「京都口腔健康センターにおける歯科治療時の全身管理方法の現況」
谷本 愛、橋口 清光、樋口 淑子、井本 真帆、横江 義彦
第33回日本歯科麻酔学会総会(鹿児島) ,2005

・「洛和会音羽病院中央手術室における歯科口腔外科症例に対する麻酔管理の現況」
橋口 清光、谷本 愛、横江 義彦、中尾 晶子、井本 真帆
第33回日本歯科麻酔学会総会(鹿児島) ,2005

・「プロポフォール使用による下肢静脈瘤ストリッピング術における麻酔検討」
寺田麻理、橋口清光、山田一成、大橋亮洋、井本真帆、木下 隆、武田亮二、山本道宏、坂田晋
吾、山口哲哉、高橋 裕
第450回京都(京滋)外科集談会,2005

・「洛和会音羽病院麻酔科における歯科口腔外科症例に対する麻酔管理の現況」
中尾晶子、橋口清光、谷本 愛、井本真帆、横江義彦
第6回日本歯科麻酔学会関西地方会(大阪) ,2005

・「高齢者歯科における精神鎮静法の有用性」
橋口清光、丹羽 均、原田茂光、堀池周司、西島 淳、加藤隆一郎、吉田英昭、松添正樹、井上 哲、前田宗彦、辻 英喜、村上英
第12回日本老年歯科医学会(大阪),2001

・「静脈内鎮静法の咽頭機能におよぼす影響」
橋口清光、谷本 愛、工藤千穂、渋谷敦人、長江麻帆、玉崎秀樹、丹羽 均
第1回日本歯科麻酔学会関西地方会(大阪),2001

・「プロポフォールの咽頭機能に及ぼす影響」
橋口清光、橋口季久代、瀧 邦高、小川明子廣瀬陽介、丹羽 均
第28回日本歯科麻酔学会総会(宮城),1999

・「オメプラゾールと塩酸ラニチジンの術前投与による胃液pHおよび胃液量への影響」
橋口清光、佐藤 裕、橋口季久代、谷本 愛、瀧 邦高、小川明子、松浦英夫
第27回日本歯科麻酔学会総会(東京),1999

1564E-3.png

 

【論文】

・「草津総合病院歯科口I空外科における障がい者(児)全身麻酔下治療の現状」
岡野 健、 金田 剛、 喜多憲―郎、 西村―行、 磯村勇人、 橋口清光、 山口芳功
滋賀県歯科医師会雑誌,No.4, 3-5: 2016

・「静脈内鎮静法の現況:インプラント手術を中心にして」
橋口清光
大阪口腔インプラント研究会誌 22,12-18: 2008

・「若年者におけるデクスメデトミジンを用いた術後鎮静にはミダゾラムの併用が有用である」
磯村勇人、橋口清光
日歯麻誌 36(1), 28-32: 2008


・「川西市高齢者歯科診療所における全身管理」
橋口清光、丹羽 均、松浦英夫、福家秀一、辻 英喜、原田茂光、藤木 薫、今西 要、八木由紀子、森永英男、中村憲太郎、荒井千重子、谷 茂樹
老年歯科医学 15(1),64-71: 2000

・「全身麻酔導入後, 原因不明の換気不全が生じ2度にわたり手術が中止となった一症例」
橋口清光、丹羽 均、佐藤 裕、渋谷敦人、廣瀬陽介、松浦英夫
日歯麻誌 28(1), 103-104: 2000

・Anesthetic management of a patient with Coffin-Lowry syndrome
Hashiguchi K , O'Higashi T , Sasai S , Kiguchi T , Uga H , Matsuura H
Masui. The Japanese Journal of Anesthesiology [1999, 48(9):1027-1029]

 

【臨床】

2018年の臨床実績

 症例数 (Dental Treatment および Oral and Maxillofacial Surgery症例のみ)

2018年度:
12ヶ月間の出張総数 750症例 診療所での気道確保した全身麻酔255例 診療所での静脈麻酔131例 病院への出張364例

2006年4月からの出張麻酔の依頼総数は2018年12月で5222例となりました。

出張先は,17病院15診療所あり,
病院では2654例,診療所では2568例に麻酔管理を行いました.

麻酔管理方法は,
気道確保した全身麻酔 4142例
静脈麻酔       1066例
その他                      14例
日帰り全麻は1558例を実施しましたが,予定外の入院や重篤な合併症はありませんでした。

麻酔症例の増加した理由は、下記の3点によるもとの考えられます。
1.病院歯科における全身麻酔の需要が増加
2,静脈麻酔から安全性の高い挿管やラリンジアルマスクを使用した全身麻酔へ移行したこと。
3.診療所での日帰り全麻下手術件数の増加


最近,顕著に増加が認められた手術は、大臼歯の歯根端切除の増加や広範囲短期集中歯科治療でした。

出張医療機関

1年間以上の定期出張施設
公立豊岡病院(兵庫県)、京丹後市立久美浜病院(京都府)、草津総合病院(滋賀県)

他 17病院15診療所


1564E.png

 

 

ご不明な点は
メールにてお問い合わせください。
E-mail